リンク

米沢工業会
山形大学校友会
山形県大阪事務所


活動報告


令和元年度(2019年度)総会・懇親会
<写真ギャラリーは 「会員限定」ページからご覧いただけます>
・実施日:2019年11月16日(土)
・場   所:パナソニック企業年金基金 松心会館 (門真市)
・参加者:61名(内、初参加6名 平成31年卒2名)
・ご来賓 :米沢工業会 副理事長      齋藤 政敏 様
        山形大学 理事・副学長     大場 好弘 様
        山形大学工学部 工学部長   飯塚 博 様
        山形大学校友会 事務局長   樋口 浩朗 様
        ふすま同窓会関西支部 支部長 里村 義征 様
        鶴窓会関西支部 支部長     安富 俊晴 様
・ご講演 :山形大学大学院 有機材料システム研究科
                  卓越研究教授 城戸 淳二 様
 総会では、吉田支部長が初参加者を含めて昨年比7名増の大勢の方々にご参加いただいたお礼と、ご来賓のご紹介及び初参加者の紹介を行い、関西支部の目指す姿「関西支部の会員の皆さんが参加してやってみて "楽しいっ!面白いっ!役に立つぅ!" と感じる会」にしたいとの思いを熱く語りました。2019年度の支部活動の振り返りとして、新規登録いただいた方が11名という喜ばしい報告と、レクレーション活動や学生応援活動の実績報告をしました。そして、収支報告と2020年度の活動計画を報告、卒業25年記念品の贈呈を行い、2020年度の皆様のご協力をお願いして挨拶を締めくくりました。
 ご来賓の齋藤副理事長からは米沢工業会の目的を改めて語られ、事業実績と課題である会費納付者数の減少と対策検討事項についてお話をしていただきました。大場理事・副学長からは「山形大学の現状と将来」というテーマで、山形大学COI(センター・オブ・イノベーション)の概要についてご紹介いただきました。飯塚工学部長からは工学部の現状と今後についてのお話をしていただきました。城戸教授のご講演では、基礎研究とそこから広がるビジネスの成功要因において、いかに個々の人と人とのつながりが重要かを、ご自身の体験談を交えてお話しいただきました。
 懇親会では、冒頭にクラフトパルの学生によるビデオメッセージで来年の鳥コンに挑む意気込みを会場の皆さんと共有し、学生レーサー大滝君本人によるサプライズ登場で一気に現役学生への応援ムードが盛り上がりました。
 佐藤吉隆(T33)さんによる"おしょうしな乾杯"の後、歓談に続き、昨年から行っているクラフトパルにちなんだテーブル対抗の紙飛行機競技会が行わました。今回は、滞空時間と飛距離の二種目の合計得点で賞品を奪い合う形になりました。
さすが、工学部、皆さん技術者魂に火が付いたのか練習飛行での飛び具合に調整を重ねて競技本番に挑みました。
飛行機の折り方は公正を期して同一ですが、羽の角度や飛ばし方で「やんや、やんやの、あらららら」でした。
 終盤では、「米沢高等工業高校 校歌」と「青春のふるさと 米沢」を皆で斉唱し、加藤幹事の一本締めでお開きとなりました。

2019年(令和元年) 第16回 秋の芋煮会
<写真ギャラリーは 「会員限定」ページからご覧いただけます>
・日 時 :2019年9月28日(土) 14:00〜17:00
・場 所 :ぶんぶく茶釜 『京阪萱島駅下車徒歩3分』
・参加者:23人(ふすま会1人、ご家族1人、初参加3人)

今年は、初参加者3人を迎えて、昨年同様の人数で開催することが出来ました。 また、初めてご家族の参加もありました。 宴もたけなわな頃に支部長が米沢で調達してきた地酒を含む景品をかけたじゃんけん大会を行い、大いに盛り上がりました。 また、終盤では「オクトーバーフェストのドイツ語での乾杯」を唱歌して更に盛り上がりました。 更に今回は単に飲んで騒ぐだけでなく、参加者から支部活動について大変建設的なご意見が出て、今後の活動への貴重な参考にさせていただくことが出来ました。
毎度のことですが、関西支部のレクは本当に皆さんいい笑顔をしています(^o^)
初参加者特出し報告書はこちらをクリック

2019年度 夏レク 「鳥コン観戦と山形大学人力飛行機研究会”クラフトパル”の学生さん激励会」
<詳細報告は 「会員限定」ページからご覧いただけます>
 ・実施日:7月28日(日)
 ・企画:前田紀和(H7)
 ・場所:滋賀県彦根市 松原水泳場
 ・参加者:28名(内、関西支部3+家族1)

 2015年から米沢工業会関西支部でも応援を始めた、鳥人間コンテスト出場を目指す『山形大学 人力飛行機研究会クラフトパル』の皆さんと、琵琶湖(彦根)で行われた『鳥人間コンテスト』の会場にて、 今年も交流を行うことができました。18名の現役学生さん、6名のクラフトパルOB、そして米沢工業会関西支部からは3名+1名の家族、総勢28名が集まりました。
 当初は、7/27(土)の『滑空部門/人力プロペラ機部門(一部)』を関西支部の4名を交えて観戦する予定でしたが、昨年に続き台風接近の風雨のため大会は途中で中止となりました。
 翌7/28(日)は早朝から風もなく鳥コン日和となったため、関西支部の夏レクとしても開催、米沢工業会(本部、東海支部、関西支部)の皆さんからいただいた熱い応援メッセージとカンパをパルのメンバーに無事届けることが出来ました。
 今年のパルは、近年ではないくらいの大所帯となり、機体も着々と製作が進み、来年の出場へ向けて過去最高の期待感が感じられました。

2019年度 春レク 花王(株)見学・和歌山市内観光
<写真ギャラリーは 「会員限定」ページからご覧いただけます>
3月22日(金) 花王(株)研修所にて懇親会 3月23日(土) 和歌山城
 ・実施日:2019年3月22日(金)〜23日(土)
 ・企画、案内:四十物 清(修K57)、聖山 光政(C51)
 ・場所:和歌山
 ・参加者:21名(内、ご夫婦1組)
 ※ここをクリックすると案内パンフレットのpdfが開きます
 支部長の吉田です。
 この度は、和歌山での春レクにご参加いただき大変ありがとうございました。
まずは、予定通り全員が参加でき、かつ事故もなく無事終了できたことに安堵し感謝いたしております。
ご協力ありがとうございました。
 長期間に亘り企画と準備を、そして本番での綿密で丁寧なお世話をしていただきました、四十物さんと聖山さんに
心から御礼申し上げます。ありがとうございました。
 今回は、関西支部として初めての一泊2日のレクレーションでした。
1日目の花王様の素晴らしい工場の見学、そして素晴らしい研修所での宿泊・懇親会、更に2日目の咲き始めた
桜を愛でながらの紀三井寺、和歌山城の観光と大変すばらしい楽しいプログラムでした。
日帰りの場合とは一味違う、ゆったりとした中身の濃い交流ができ、個人的にもレフレッシュできたのではと思っております。
 新しいタイプのレクレーションの実績ができました。
今後も更に新しい試みをしていきたいと思いますので是非、ご協力をいただけますようお願いいたします。

2018年度総会・懇親会
<写真ギャラリーは 「会員限定」ページからご覧いただけます>
 ・実施日:2018年11月17日(土)
 ・場所:パナソニック企業年金基金 松心会館(大阪府門真市)
 ・参加者:53名(内、初参加3名)
 総会では、吉田支部長の「関西支部会員の皆さんが 気楽に楽しめる、喜んで参加できる会 来て参加してやってみて 面白い と感じる会」を目指すとの話に続いて、役員メンバー紹介、この1年の支部活動としてレクレーションや学生応援活動の報告がありました。ご来賓として、米沢工業会 安部常務理事、山形大学 大場理事・副学長、山形大学 飯塚工学部長、山形大学校友会 大沼事務局長、ふすま同窓会 里村支部長、鶴窓会 樋上役員にご出席いただきました。
今回は、支部史上初となる現役の学生さんに講演をしていただきました。講演者は、山形大学大学院理工学研究科博士
前期課程2年の土屋晃佑さんで、テーマは、「バイオロギングのためのクジラ用ローバーの開発」。マッコウクジラの捕食の瞬間
を撮影するという世界初の試みに挑む装置開発のストーリーで、動画を交えて聴講者を引き込む素晴らしい講演でした。

 懇親会は、ご都合で参加ができなかった(E25)伊東さんのビデオレターに続いて、(C32)竹本さんのご発声による「おしょう
しな」乾杯でスタートしました。ほろ酔い加減になったころに学生応援担当の前田幹事から、現役工学部生の大滝君のF4レ
ース参戦実績や、学生のビデオレターを交えた工学部の人力飛行機研究会クラフトパルの鳥人間コンテストへの挑戦状況の
報告がありました。そのあと、クラフトパルにちなんでテーブル対抗の紙ヒコーキ滞空時間競技が行われ、皆さん童心に帰って
大喜びでした。ヒコーキ大会のあとは、現住地域別にテーブルに分かれて自己紹介と地域別での草の根レクレーションの打合
せをしました。終盤では、「米沢高等工業高校 校歌」と「ふるさと」の替え歌米沢バージョンを皆で斉唱し、山崎幹事の一本
締めでお開きとなりました。


秋の芋煮会
<写真ギャラリーは 「会員限定」ページからご覧いただけます>
 ・実施日:2018年9月29日(土)
 ・企画:吉田信明(S50)
 ・場所:ぶんぶく茶釜(京阪本線 萱島駅近く)
 ・参加者:23名(内、初参加2名)
 台風が接近する中、開催が危ぶまれましたが、ふすま同窓会の里村支部長と鶴窓会の安富支部長にもご参加いただき、恒例の芋煮会を盛大に開催しました。なんと平成30年卒!を含む若手2名の初参加もあり、昨年より1名多い23名で、例年通り、レシピを参考に、自ら煮込み、味付けをして美味しく頂きました!米沢から取り寄せた東光4升のお酒も見事に飲み干しました。
今年も、大いに食べ、飲み、語り、大満足の笑顔であふれていました。

夏のレクレーション 「鳥コン観戦と山形大学人力飛行機研究会”クラフトパル”の学生さん激励会」
<詳細報告は 「会員限定」ページからご覧いただけます>     2018年7月28日
 ・実施日:7月28日(土)
 ・企画:前田紀和(H7)
 ・参加者:17名(内、関西支部2+家族1)
 ・お知らせ
  2018/7/29(日)に予定しておりました米沢工業会関西支部    2018年夏レクは、大型の台風12号の接近に伴いやむなく中止と  なりましたが、前日の7/28(土)の鳥人間コンテスト1日目には、吉  田支部長と前田幹事が、現役学生支援活動の一環として、鳥   人間コンテスト出場を目指す『山形大学人力飛行機研究会クラフ  トパル』のメンバーと交流をいたしました。参加者はクラフトパル現役  メンバー 11名(M2 1名、B4 1名、B3 3名、B2 6名)、クラフトパルOB 3名(うち東海支部所属 2名)、米沢工業会関西支部 3名(うち家族1名)の合計17名となりました。
 記録的猛暑、大型台風接近という状況でしたが、来年の大会出場に向けて、クラフトパルメンバーの熱き思いを例年以上に実感できた非常に充実した1日となりました。今後も熱き学生達を支援、応援していくと共に、1人でも多くのOBの皆様、大学関係者の皆様への支援、応援の働きかけをしていきたいと思います。
 山形大学校友会HPでも紹介されました(クリックでジャンプ)

春のレクレーショ ン 「堺 歴史探索ツアー」
<当日のスナップ写真は 「会員限定」ページからご覧いただけます>     2018年4月14日
 ・実施日:4月14日(土)
 ・企画、案内:橋本洋一(H57)、千葉正克(M54)
 ・参加者:19名(内、懇親会 18名)
 ・行程
  10:00 JR三国ケ駅 改札口前集合
             みくにん広場展望台、仁徳天皇陵、堺市博物館 見学
  12:40〜13:30 「和食さと堺宿院店」にて昼食
  13:30〜16:50
             離宮の社、南宋寺、堺市役所21F展望ロビー 見学
  17:00〜19:00 「個室居酒屋 魚虎 堺東店」にて懇親会
※ここをクリックすると案内パンフレットのpdfが開きます
【事務局感想】
当日、天候が心配されましたが何とか持ってくれました。夕方5時前に降り出しましたが懇親会場にぎりぎりセーフで駆け込みました。バスでの移動も多かったですが橋本さんの綿密な計画のもと、皆さんのご協力によりスムースに探索ツアーを終えることが出来ました。5時からの懇親会も大いに盛り上がり楽しい一日を過ごして頂けたのでは無いかと思います。大勢の方にご参加頂き有り難うございました。